バストアップ方法 エクササイズ

バストアップ方法

胸が小さい事で様々な悩みが女性にはありますが、大きくできるならしたいですよね?

バストアップエクササイズを実践していくことで、1カップでも胸を大きくできます。

バストアップエクササイズは胸の筋肉をつけることで、胸を少しでも大きく見せる方法になります。

この方法で効果が出るまでには個人差がありますが、早い方であれば2か月~3か月後には効果を感じると言われています。

お風呂でエクササイズ

お風呂で実践できるエクササイズです。

身体を洗う際に左右のバストを優しく下から持ち上げるようにします。

両手を合わせながら、できるだけ腕を前に伸ばしましょう。

腕を前に伸ばす際には背筋をまっすぐするようにしてください。

この状態のまま、胸を寄せたり離したりを10回~20回程度行います。

後はお風呂上がりに股関節のストレッチを行います。

両足の裏を合わせ、自分側へ足を寄せます。

できるところまで寄せたら、膝を地面にくっつけるようにしてみましょう。

血行を良くすることもできるので、お肌の美容にも効果があります。

またデスクワークなどの事務仕事の方には肩甲骨をほぐすことも出来るエクササイズなので、やってみて損になることはありません。

大胸筋を鍛えるエクササイズ

膝を床につけ、うえで床に向けてまっすぐ伸ばした状態で、身体はなるべく動かさずに腕と大胸筋の力のみで肘を曲げていきます。

これを10~20回程度行います。

毎日行っていくことで筋肉が発達していくので、バストアップ効果が早めに出ることがあります。

一般的な筋肉トレーニング方法になるので、体力や労力は使いますが、一番効果的なバストアップ方法になりますし、筋肉をつけることが出来ることから引き締まった身体を作り上げることが出来ます。

仰向けになりながら出来るエクササイズ

仰向けになりながら出来るエクササイズ方法にはクッションと2Lペットボトル(中身あり)があれば問題ありません。

クッションなどを肩甲骨の下あたりに置き、仰向けになります。

そしたら2Lペットボトルを両手で持ち上げるようにして、腕を伸ばします。

持ち上げたら腕をゆっくりおろし、肘が曲がった状態で大胸筋に30秒程度、力を入れます。

30秒程度たったら胸元までペットボトルを下げて、肩甲骨にちからを入れながら、肩甲骨を動かしましょう。

このエクササイズ方法は血行を良くすることもでき、体力や労力をそこまで要することがない為、簡単に行う事が出来るのが利点となります。

また血行を良くすることが出来るので美容効果も期待することが出来ます。